低体温症と体温を上げるメリットと理想の平熱

「手足が冷えて真夏でも氷のように冷たい…」 

「よく風邪を引き、長引きやすい」 

「デスクワークが多くてあまり身体を動かさない」 

そんなあなたは低体温症の可能性があります。 

皆様は日頃からご自身の体温をこまめに測られていますか? 

近年の調査で、平熱が36度未満の人が急増している事が分かっています。 

私自身、トレーニングを始める前まではいつ体温を測っても35度台が普通でした。 

当時はそれが当たり前だと思っていましたが、低体温を放置していると様々な不調の原因とな、実はとても危険な状態なのです。 

なぜ低体温の人が増えたの 

少し前の私のように平熱が36度以下の方も多いかと思いますが、一体なぜ低体温の方が多くなったのでしょうか。 

それは食生活や生活環境の変化が大きな要因の一つす。 

まずは食生活についてですが、昔はその季節の旬の食材しか食べることが出来なかったので、自然と冬は身体を温める食材で寒さを防ぎ、夏は身体を冷やす野菜で体温を調節していました。 

それに対して、今は季節を問わずオールシーズンどんな食材でも食べられるようになったので、夏に冷房の効いた部屋で冷たい物を食べることも増えてきました 

また、生活環境についても昔と今では大きく違っています。 

近年では地球温暖化により例年気温が上昇していて、日本でも夏は冷房無しでは生活が出来なくなってきました。それに加えて車移動や電車移動が増えた事で現代人は筋肉量も低下、発汗機能が衰えてしまって発熱しにくい状態になっています。 

このようなことから現代人の低体温化が進んでいると言われています。 

理想的な平熱は? 

ここ最近では37度台だと微熱とされることが多いですが、昔の人の平熱は37度台でした。代謝酵素が最も働きやすい体温は37度台なので、昔の人は代謝も良く、パワーがあったのです。 

逆に、体の深部が35度以下に下がると低体温症と見なされ、体の震えや呼吸の乱れといった症状が出てきます。少し前の私のように平熱が35度台という方は1度下がるだけで低体温症になってしまうということです。 

理想は昔の人のように高い代謝を持つことですが、昔の人と同じ生活習慣を送ることは難しいので、まずは普段から体温を測って平熱をチェックし、下半身が冷えない様に身体を温める工夫をする様にしましょう。 

低体温症になるとどうなる? 

先ほど、低体温を放置していると様々な不調の原因なるとお伝えしましたが、具体的にはどういった影響が出るのでしょうか。 

実は体温と免疫細胞は深い関わりがあり、体温が1度下がると免疫力は約3割も落ちてしまいます。 

皆様ご存知の通り、免疫力が下がると病気になりやすかったり、病気が治りにくくなってしまいます。そして、低体温の状態が続く事によって結果的に大きな病気に繋がる場合もあります。 

その一例としてガンがあげられます。ガン細胞は低温を好み、最も活発に増殖するのが低体温の人の体温と同じくらいの35度前後です。 

また、体温が下がると血流が悪くなって、不必要な老廃物を送り込めずにうまく処理が出来なくなってしまいます。 

そうすると老廃物が血管中に詰まり、血栓が出来てしまう事で脳梗塞や心筋梗塞を起こす事もあり得ます。 

低体温がいかに危険で病気のリスクを上げるのかがよく分かります。 

 逆に体温を上げるメリットは? 

これまで低体温のデメリットを散々挙げてきましたが、逆に体温を上げるメリットを見ていきましょう。 

まず、上記にもあった様に免疫力のアップです。 

免疫力を上げて風邪を引きにくくするばかりか、ガンなどの大病の予防にも繋がります。 

次にダイエット効果のアップも見込めます。 

体温が1度上がるとエネルギー代謝は13から15%もアップすると言われています。代謝が高ければ、普段通りの生活をしていても消費されるエネルギーが高くなるので痩せやすい体質になります。 

女性の方にとっては、妊活を行う上でも体温を上げる事は大切です。 

妊活には基礎体温のほか、平熱も理想的な体温である方が効果的と言われています。体が冷えるとホルモンバランスが乱れ、排卵の時期が定まらなくなってしまいます。 

妊活中でない女性にとっても、体を温めて体温を上げることは生理痛の緩和になります。 

また、理想的な体温では新陳代謝が上がるので、体の中の毒素を体外へ排出しやすくなり、美容面においてもメリットになります。肌の艶が増し、血流が滞りにくいので浮腫みの解消にも役立ちます。 

いかがでしょうか? 

体温を上げて低体温を防ぐことが、健康的にも幸せな日常を過ごすためにもかなり重要だという事がお分かり頂けたかと思います。 

まずはこまめに体温を測って自分の平熱をチェックする事から始めましょう! 

部分痩せの教科書:メリハリのある体の作り方

今回は世の女性が気になる話題「部分痩せ」について説明していきたいと思います。 

実際、部分痩せって本当にできるの?」「不可能とよく聞くけど?」 

という疑問があるかと思いますが、 結論から言うと、部分痩せは可能です。 

これにはいくつかの理由がありますので説明していきます。 

本当の部分痩せ

まず皆さんがイメージしている部分痩せとは、一部分の脂肪だけが落ちて細くなるという現象だと思います。

これに関しては、一部分の脂肪だけが落ちるということはありません。 

人間の体は同じ割合で体全体の脂肪が落ちるようになっています。これがいわゆる部分痩せができないと言われている理由です。

この考えをもとにすると部分痩せは不可能ということになります。つまり、【部分的に脂肪を減らす考え方】です。 

では発想を変えていきましょう。 

もう一度言います。

脂肪は部分的には落ちません。

それとは逆に部分的に増やすことができるものがあります。

それは筋肉です。 

筋肉というのは強い刺激を加えることにより、壊れ、回復する過程でより強く、大きくなる作用があります。

これを回復と言います。例えば、ジムに入会して背中、お尻を中心にトレーニングを続けたとしましょう。

しばらく続けていると不思議な現象が起こります。背中とお尻が発達したことにより、相対的にお腹がビックリするほど細く見えるのです。

ここで興味深いのがウエストサイズは変わっていないという事。これも立派な部分痩せです。つまり正しい部分痩せとは、【部分的に筋肉を増やす考え方】の事なのです。 

ここで大半の方が思うことがあります。 

「んー、でも筋トレをしたらゴリゴリになってしまうのでは? 

心配無用です。筋肉が増える仕組みは主に男性ホルモンが関係しており、女性は男性に比べてそのホルモンの量が20分の1ほどしかありません。

つまり現実的にゴリゴリになることはほぼ不可能です。

むしろ本気でトレーニングに取り組んでいただいたほうが、よりメリハリのある体を手に入れることができますので、楽しみながら、どんどん追い込んでいただきたいですね。 

部分痩せにはプロテインが必須

部分的に筋肉を増やすにはたんぱく質が重要となります。

トレーニングをしながらであれば、筋肉が破壊されるため、普段よりも多くにたんぱく質が必要です。

そして美肌作りにもプロテインは最適です。

食品のみでたんぱく質を摂取しようとすると、どうしてもお肉などの脂質も多くなってしまい、肌荒れの原因にもなります。

余分な脂質が含まれないプロテインであれば脂質を摂りすぎる事なく、たんぱく質を補給することができるのです。

モデルの中村アンさんも糖質を少なくし、プロテインを活用し始めたことで、肌荒れが解消されたと仰っていました。

ちなみに私の愛用しているプロテインはbelegendプロテインのパッションフルーツ風味です。

スッキリとした味わいで、飽ききにくく、2年ほど愛飲しています! 

いかがだったでしょうか? 

部分的に筋肉を増やせば部分痩せは可能です! 

是非皆さんもトレーニングで筋肉を増やして、メリハリのある綺麗な体を目指しましょう。 

 

なぜ胸は垂れるの?垂れ乳(バスト)防止の筋トレ

バストの位置

女性の皆様ならきっと誰しもがいくつになっても綺麗でいたいという理想があるかと思います。 

ただ、そんな理想とは反対に、歳を重ねるごとにどんどん体型は変わってしまいますよね。 

何とてでも食い止めたい体型の変化ですが、その中でも特に気になる部位の1つとして「バスト」が挙げられるのではないでしょうか? 

昔は綺麗な形で自慢だったバストも、気が付けば位置が下がり垂れてしまっていて、Tシャツやタンクトップが似合わなくなってしまった、なんてこともあるあるかと思います。 

そこで今日は女性のバストとトレーニングについてお話させて頂きましょう。 

バストが垂れてしまう原因

そもそも何故バストの形は変わってしまうのでしょうか。 

まず一つ目に、バストを支える靱帯が伸びてしまう事が考えられます。特に妊娠や出産などのバストサイズの急激な変化や激しい運動を繰り返す事で伸びてしまい、一度伸びた靱帯は二度と修復できないのです。 

他に、女性ホルモンの減少も大きく関係しています。エストロゲンという女性ホルモンが乳腺の発達を促しますが、このホルモンは年齢とともに分泌が減少していくものなのです。 

そして、これは私達現代人にとっては切っても切り離せないことですが、スマホやパソコンの見過ぎなどによる姿勢の悪さも関係しています。何か作業をする時はどうしてもうつ向きがちになるので、肩が前に入り胸の筋肉が縮まり気味になってしまいます。 

加齢だけが原因でなく、日々の生活習慣にもよるという事が分かりますね。 

 対策は?筋トレでバストのサイズは変わる?

では一体どうすればバストの形をキープ出来るのでしょうか。 

これも様々な対処法や予防法がありますが、一番簡単費用もかけずに出来るのが胸の筋トレです。 

胸の筋肉である大胸筋を鍛える事でバストトップが上がり、服を着た時などにきれいにラインが出るようになります。 

ここでよく耳にするのが、バストのサイズも上がりますか?という事ですが、残念ながらバストはほぼ脂肪で出来ているので筋トレを行ったところで直接的にバストアップには繋がりません。ただ、姿勢が改善されることや土台となる大胸筋を鍛える事でバストの位置が下がることはある程度防げるかもしれません。 

 女性ためのトレーニング

ではバストの垂れを防ぐために必要な大胸筋を鍛えられるトレーニングをご紹介させていただきます。 

ジムに行かなくても出来るものなので、お家でも隙間時間に簡単に行えます。 

①アイソメトリック・ハンドプレス 

足を肩幅に開いて、胸の前で手の平と平を合わせて合掌します。 

脇を開いて腕は床と平行にします。 

左右の手を同時に押し合いながら腕を伸ばしていきます。 

この時、指先は正面に向けて伸ばし、しっかり胸の筋肉が縮んでいるのを感じましょう。 

ゆっくりスタートポジションに戻ります。 

これの繰り返しです。 

②ダウンドッグプッシュアップ 

両手両足を床につき、お尻を高く上げて頭は両肩の間に入れ込みます。 

その状態から肘を曲げながら、低い棒をくぐるイメージで徐々に頭を起こします。 

最後に両手で地面を押して肘を伸ばしていきます。 

これの繰り返しです。 

サイドチェストプレス 

床に横向きに寝ころびます。 

上になっている手を反対の方の肩の前に置き、下側の手は反対側の腰に添えておきます。 

床についている方の手で床を強く押して上体を起こします。 

・肘を伸ばし切る直前まで押し上げたらゆっくり戻します。 

・これの繰り返しです。 

バンドチェストプレス 

こちらはトレーニングバンドを使ったトレーニングです。 

両足を肩幅に開いて立ち、バンドの中心部分を背中に引っかけ両端を持ちます。 

腕が床と平行になる様に肘を胸の高さにします。 

その状態から両腕を前に伸ばし胸の前で交差させます。 

この時胸がギュッと寄っている様にしましょう。 

ゆっくり戻します。 

これの繰り返しです。 

また、日常的に縮まりやすい胸の筋肉をストレッチして伸ばすことも大事です。 

・椅子に浅く腰かけてバンドの両端を握ります。 

・両腕を真上に伸ばし、左右の手のひらを少し外に向けながら胸を開いていきます。 

・腕は前にかぶってこない様にしっかり真上かやや後方に上げるようにしましょう。 

 

いかがでしょうか? 

肩が前に入って猫背気味な姿勢が、ピンと胸を張ったまっすぐな姿勢になるだけでもバストの位置は正しくなり綺麗に見えます。 

そこから更に大胸筋のトレーニングでいくつになっても上向きなバストを手に入れましょう!